SUNの小話×ENDLESS SKYLINE

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【夢砂プレイ記】3日目 

三日目です…が、これを執筆している時には、もう既に幽霊船に突入しています。
……という凄まじいタイムラグがあったりなかったりなので、これを実際にプレイした時に取った行動の細部は忘れかけてます(駄

今回は火山島をクリアするまで。それでは本編へどうぞ。


前回で剣を堂々とパクっていく予定がシーワンに見つかり彼の家へ連行され、その剣で試し斬り(切り?)をさせられた後、シエラの説得により晴れて釈放されたリンク少年ですが、町で海賊と落ち合うために北の抜け道へ向かいます。

赤チュチュをなぎ倒しつつ、回転アタックを会得。結構必要な場面でスパッと出すのは難しそうです。まあ風タク以降は無敵判定が付かなくなったのでここぞという時があまり無いのですが。
あ、ふしぼうは例外でお願いしますハート三つクリアの時マジでお世話になりました(何

で、その直後にゴシップストーンのような物から回転アタックの出し方教わりました(駄

ミニダンジョン・[山の抜け道]

特に難しかったりする場面は無く、カギも一瞬で見つかったのでスイスイと駆け抜けていきました。今までと比べてブロックもスイスイ動かせるので非常に快適。ちょっとキースとグースがタッチしにくくて倒しにくいです。

ただ、シエラと石版、ゲーム内で上画面とかタッチとかメモれとか言うな((


と、いうことでメルカ島の港町へ到着しました。何するんでしたっけ(何

……そうそう、ラインバックを探すんでしたね(この間20秒)
で、ラインバック探しのついでに港町を散策。なぜか異様にお金に余裕があるので散策ついでに発見したよろず屋で盾と赤い薬を購入しました。
そして、港へ向かいますが、どうやらラインバックは留守のようです。近くにいた町民Aに話しかけたところ、「バーで訊き込みをしてみろ」とのこと。早速バーへ向かい、訊き込みを言われるがままにしてみたところ、ラインバックは北の海王の神殿へ行ったようです。
ついでに「行くな」とも言われましたが、そんなことを言われて素直に止まる奴はゲーム内ではそうそういませんよね(笑
……かくかくじかじかで海王の神殿へ。

ダンジョン・海王の神殿

「この神殿に足を踏み入れたが最後ォォォ
たちまち生気を吸い取られてしまうゥゥゥ」
「危険なトラップを解除しても外に出れば全ては元通りィィィ
地図に書き込んでおけば何度も迷わずに済んだのにィィィ」
ん?どっかにこんな風に小さい文字を文尾につけるやついましたよね?

こんなどっかで見たような言い方のクセをもつ屍の次の部屋にはやっといましたラインバック。とりあえず「四の五の言わずに俺を助けろ」、とのこと。

「足をくじいて動けねぇんだ。悪いが助けてくれねぇか?」
>いやだ
「なにっ!?おいコラ、ちょっと待て!」
「こんだけ頭を下げてるんだ 助けてくれたっていいだろ?」
>いやだ
「お前…血も涙もねぇな…」
「なぁ 減るもんじゃねぇし助けてくれたっていいだろ?」
>いやだ

(以下、3ループ)
まあ少しネタプレイに走った結果です(何

その後、>いいよ を選択し、ちゃっちゃと仕掛けをといて苦もなく針を引っ込めます。
あー、ラインバックとシエラのコンビ好きだわ(知るか
次に幽霊船の手がかりを探しに、更に奥へ向かいます。そして奥で海図を発見。これをラインバックに渡せば海へ出られr…ってラインバック逃げるのが早すぎ(何

港へ向かい、ラインバックの発言をことごとく切り捨てることで有名なシーワンの爺さんも発見。早速海図に隠されていた(不自然です)紋章が描かれていた「火の島」にいるという占い師・フォーチュンの元へ向かいます。

海へ。風タクよりスピーディに移動できるのでいい感じ。しかも航路を書けば一発でその地点へ行ってくれます。風タクの時のようにいちいち風の唄を振らなくて済むのは感動的です(言いすぎ

火の島に到着。
ラインバック「オレ様のすばらしい舵さばき なかなかのもんだったろう」
シエラ「よく言うわよ!島の場所も知らなかったクセに」
このコンビ、すごく好きなんですがどうしましょう(知るか

フォーチュンさんを探す…のですが、その前にぐるっとひと回り島の探索したところ、シカバネを発見。
シエラ「き きゃあ!ユウレイよリンク
お願い やっつけちゃって!」
海王の神殿で二十回くらいそれに話しかけたはずなんですが、すごい今更感です。

で、このユウレイことカシヅクさんによると、この島にある三つの燭台の場所を覚えてくれ、とのこと。
ちゃっちゃと燭台を発見し、丁度島の散策も終わったので占いの館へ。地下に向かう階段があったので、そこを下っていったところ、フォーチュンさんを発見しました。
シエラ「大きな声で呼んでみましょうよ!」
シエラ「せーの!」
SUN(筆者)(できるかっ!
夜もふけてきた頃なので、口笛を軽く吹くことで代用しました。
しかしこの仕掛け、正直どうだろう(何

フォーチュンを助けたところ、この島に何故来たのかを聞かれたので、
>バカンス
と答え、「この島には火山しかないのよ 本当は?」と言われたので、
>忘れた
と答え、「もっと脳を鍛えなきゃダメよ」とラインバックにも言われたささやかな東北大学川島隆太教授監修 もっと脳を鍛える大人のDSトレーニングの宣伝を受けて、正直に
>幽霊船
と答えた瞬間に言いたかったことを全て話してくれるシエラは色んな意味で空気を読んでくれています(何

そんなこんなで占いをしてもらうことに。
フォーチュン「……見える…あなた方の未来…邪悪なるヤミ…大いなる海…そして聖なる光の声…」
フォーチュン「むむっ 出ました!ガブリというわ 心して聞くように」

キャラ変わってないですか?ガブリと言うって何だよ(笑

幽霊船からテトラを助けたいのなら、邪悪なヤミの力と戦うことになるそうです。
フォーチュン「それでもあなたは テトラを助けたいのですか?」
>やめとく
ラインバック「お宝…いや テトラを見捨てようっていうんじゃないだろうな?」
シエラ「ねぇリンク もちろん助けるつもりよね?」
>やめとく
シエラ「うそ そんな…」
いや正直ネタ半分だけどうそって言うな(何
シエラ「ねぇリンク テトラを助けたいって言って」
言うだけなら別にどうとでも言えるし…ということで
>いいよ
を選択。

シエラ「あたし信じてたわ さあフォーチュンのところへ」

おいコラちょっと待て。

フォーチュンの話によると、どうやらこの火山島の上の方にある炎の神殿に行けばいいようです。
今日はココでセーブして終了。

今回の旅の成果:
ミニダンジョン「山の抜け道」通過→ダンジョン「海王の神殿」クリア→海へ→火の島→フォーチュンの占いの館
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

*文字列にhttpが含まれていた場合、弾かれるのでご注意ください

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sunblog.blog47.fc2.com/tb.php/308-ce174160

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。