SUNの小話×ENDLESS SKYLINE

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愚痴り 

こんにちは。SUNです。
本文は【おまけ】にて。
なんつーか、最近のゼルダの伝説におけるタイムアタック他やりこみ事情は一体どうなってしまったんでしょうね?

海外での追記ムービーを「追記だ」と断らず、碌にそれについて調べもせず、「コレが最速」と言って貼り付けたり、
直接ロムにダメージを与えるバグを発生させてまで(要はショック技?)記録を求めたり、
んでそれについて何も思わないで単に記録だけを求めてたり、


もう勘弁してください俺には無理ですorz

って世界です。
別に海外のことならなんとも言いません。日本と海外では規格も大分違うわけですし、向こうは昔から「タイムアタックに限った」議論をしています。それに海外では「普通のタイムアタック(ピュア)」と「何でもOKのタイムアタック」と2種類があるわけですし。
日本ではタイムアタックが話題になり始めたのなんて今年だったか去年だったかの話ですし、どこまでがバグとして許容されているのかと言うことも明確化されていません。

そんな状態でタイムアタックの記録だけを求めるから面白くもなくなるわけで。

例えば「空中浮遊バグを用いて出した4時間の記録」と「何も使わないで出した4時間30分の記録」があるとします。
私だったらここでは迷わず「何も使わないで出した4時間30分の記録」を推しますし、それを出した方を尊敬します。
しかし今の世の中では「空中浮遊バグを用いて出した4時間の記録」の方が高い評価を浴びることになります。
なんか正しいことをしたのに低い評価しか貰えないこの現状、理不尽です。


なんていうか、タイムアタックはバグが出回っていなかった春から初夏に掛けてが一番燃えてたし面白かった気が。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

*文字列にhttpが含まれていた場合、弾かれるのでご注意ください

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sunblog.blog47.fc2.com/tb.php/196-c0820428

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。