SUNの小話×ENDLESS SKYLINE

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動画論。 

今日はもう更新ネタストック済み。スクロールバー改造なんていうヘナチョコ更新な昨日とは違って(何

こんにちは。SUNです。


こちらこちらで紹介されてるいわゆるコンピュータ(というと定義が広過ぎますが)を使った人間の限界速度、つまり上手くいった部分のみを部分的に取り出して作った最速の動画。

少し遅れ気味ですが感想を。
もうなんと言いますか、人間業じゃない。元々通してプレイしたのは人間ではないですが。
最初の方ではデクババ(枯れかけ)の戦闘辺り。あんなこと普通の人間ではまずできませんよ…
その後のゲルドの谷での正確すぎるコッコ掴み、ゲルドの砦へ一発移動、砂の大河って子供じゃ移動できませんよね?、デクの棒の炎の寿命妙に長くない?、などなど。

一応全部見ましたが、ここまでやると逆に見てて詰まらない

タイムアタックというものの定義としてはそりゃ間違っていないんですけど、ここまで「100%できているもの」を記録として認めるのはちょっと…という感じです。


「100%の完璧な人間」なんていないんです。どの分野においても。例え得意分野でも。
だからこそタイムアタックは面白いのであって、かつ皆高みを目指すんです。そして、その高みを目指した結果「99%の結果」を出すんです。
「99%の結果」ですから、残った「1%」の部分分、まだ記録を縮めることができるのです。そうしてできた結果が次の「99%の結果」になる。
そうやって記録はどんどん伸びていくものです。

しかし、これは「99%の結果」の中の残った「1%」のミスを「追記」を使って意図的に埋め、「1%」の部分にまだ残っていた開拓の余地を無くしたわけです。だからこれは「100%」の結果であり、それと同時に「記録を伸ばせなくなった」ことを意味します。

なのでコレを記録として認めるのは…
コレを外国の人が見たらどうなるんでしょ。
納得してもらえたならそれ以上のことは無いですが。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

*文字列にhttpが含まれていた場合、弾かれるのでご注意ください

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sunblog.blog47.fc2.com/tb.php/115-2276c686

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。